アグリ・フードハッカソン

アグリ・フードハッカソン

東三河から日本の食と農を変える!

開催日 2022年1月28日(金)〜30日(日)

新型コロナウィルス感染者数急増を鑑み延期いたします。
詳細は追ってお知らせいたします。

太平洋に面した東三河の地域は、温暖で恵まれた気候から、
多様な農業生産物を育成し農業大国と言われています。
市町村別での農業産出額において豊橋市は全国13位、田原市では全国2位の産出額を誇っているこの地域でも、
近年、農業人口の減少に伴う作業負担の軽減や作業技術の平準化など直面している課題は多々あります。
また、その生産物を美味しくて健康的な料理として作り上げていく、食についても新しい価値を提供していけないか、
皆さんで考えカタチにしていくハッカソンを開催します。

例えば・・・

  • 収穫ロボット
  • 管理センサー
  • 地元野菜を地元飲食店で提供する流通
  • 代替肉・食材のクリエイティブ料理
  • やさいで作るクレヨン  ・・・など

参加における注意事項

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、やむを得ず中止または内容を変更する可能性があります。最新の情報はホームページ等でご確認ください。

  • マスクを着用のうえごご参加ください。
  • 来場時の検温、手指の消毒にご協力ください。
  • 他の人との距離を確保してください。
  • 咳・発熱など風邪の症状がある方は参加を ご遠慮ください。

イベント概要

※状況により変更の可能性あり。

日時
1st/2022年1月28日(金)18:30〜20:30

18:30 事例・課題のインプット(課題共有、事例紹介など)
20:00 アイディア出し、チームビルド
20:30 終了 

2nd/2022年1月29日(土)10:00〜17:00

10:00 現状インプット(豊橋の現状や今後など)
11:00 グループワーク、メンタリング
17:00 終了

3rd/2022年1月30日(日)10:00〜18:30

10:00 グループワーク、メンタリング
17:00 発表・表彰
18:30 終了

場所 emCAMPUS STUDIO 5階(会場情報はこちら
定員 先着 30名
参加費 無料
特典 期間中のプロトタイプ制作費の一部補助を行います。
※詳細は当日お伝えします。
申込方法 このサイト下の「お申込み」よりお申込みください。
ダウンロード アグリ・フードハッカソンのちらしをダウンロードできます(PDF:11MB)

審査員のご紹介

今里 武 氏
ホテルアークリッシュ
豊橋総料理長

今里 武 氏

東三河の農家や生産者、企業の方々の声に耳を傾けながら、“地域と人を結ぶ架け橋”となる料理を提供。新設のemCAMPUS FOODでは、メニューからお皿までプロデュース。

北河博康 氏
株式会社MOGITATe 代表取締役社長・NPO法人ロボットビジネス支援機構(RobiZy)副理事長
北河博康 氏

大手損保にて4年目で全国トップの営業成績により『社長賞』を受賞。以降25年に亘り損保業界のビジネスモデルを変革する画期的な商品・サービスを企画・開発し続け、2021年3月末に早期退職。現場主義の社会課題解決型コンサル会社を設立し、ベンチャー等の支援を行う。

高山弘太郎 氏
豊橋技術科学大学機械工学系
教授

高山弘太郎 氏

農林水産省委託プロやBRAINイノベーション創出強化研究推進事業等、多くの研究統括経験を有する。自身も大学発ベンチャーを立ち上げた経験もあり、本年から始まった農林水産省版スタートアップ総合支援プログラムのプログラムマネージャーをつとめる。日本学術会議会員として国内外の多様な学術分野におけるアカデミアネットワークを有する。

田中宏隆 氏
株式会社シグマクシス常務執行役員/一般社団法人 SPACE FOODSPHERE理事/スマートキッチン・サミット・ジャパン主催者
田中宏隆 氏

パナソニック、マッキンゼーを経て2017年よりシグマクシスに参画。同年にスマートキッチン・サミット・ジャパンを立ち上げ、以来食を起点とした事業共創エコシステムの形成を通じた新産業創出に取り組む。21年4月より、NHKラジオ「マイあさ!」にレギュラー出演、『フードテックの未来』(18年/日経BP総研)監修、『フードテック革命』(20年/日経BP)共著。

メンター・課題提供者のご紹介

大門弘明 氏
イノチオみらい株式会社
代表取締役

大門弘明 氏

イノチオみらい株式会社 代表取締役。ファームビジネスユニット長として、グループでは豊橋市、田原市、名古屋市、伊那市にてトマトを主として約7haの施設園芸を運営。職歴は現場管理から営業、設計開発を経験し、自ら設計した施設により、農業経営を実践することで、新たな価値創造に挑戦しております。

村井 裕一郎 氏
株式会社 糀屋三左衛門
代表取締役社長

村井 裕一郎 氏

糀屋三左衛門第29代当主、アメリカてMBA取得後、愛知県豊橋市に戻り、35歳の時に家業の種麹メーカーを承継。発酵を「アート」と「ホビー」に、をテーマに、様々な業活動を行っている。

寺田圭孝 氏
愛知県プレ・ステーションAi事業 統括マネージャープロジェクト管理/全体サポート 統括マネージャー
寺田圭孝 氏

大手人材会社に新卒にて入社。新規事業領域にて、2つのサービスの立ち上げ、拡大に法人営業として従事。一次産業のデジタル化や地方活性化など、支援領域は多岐にわたる。eiicon companyに参画後、エンタープライズ事業部セールスグループに所属。オープンイノベーションの実践・新規事業開発を検討している企業への企画・支援を実施。

増尾仁美 氏
愛知県東三河パートナー援拠点事業
統括マネージャー

増尾仁美 氏

大手総合HRサービス会社に新卒にて入社。中途採用支援、HR関連のコンサルティング事業に従事。インドネシア駐在後、セールステック系のスタートアップにHRとして入社。HR関連におけるPJTの複数立ち上げや、中途採用チームの立ち上げを行う。2021年4月から愛知県委託事業である東三河パートナー拠点事業統括マネージャーとして広域スタートアップエコシステムの構築支援に従事。

大橋史明 氏
豊橋市役所産業部農業企画課
課長補佐

大橋史明 氏

豊橋市役所で部局横断的に設置している「食と農のまち推進プロジェクト」リーダー。持続可能な食と農のまちとよはしを目指して、豊橋市固有の価値(とよはしフードカルチャー)を育てていくことを検討しています。

お問い合わせ

株式会社サイエンス・クリエイト 担当 種田(おいだ)
電話番号 0532-44-1111(10:00~12:00、13:00~17:00 土日祝を除く)

主催
株式会社サイエンス・クリエイト
愛知県豊橋市西幸町字浜池333番地の9 豊橋サイエンスコア

後援
東三河スタートアップ推進協議会
愛知県豊橋市西幸町字浜池333-9 豊橋サイエンスコア

協力
株式会社エムキャンパス
愛知県豊橋市駅前大通二丁目 81 番地 emCAMPUS(EAST)