平成23年度、平成24年度 バイオマスタウン構想実現に向けての取組み

はじめに

豊橋市バイオマスタウン構想では、家畜排せつ物を中心としたバイオマス利活用による環境保全型農業を目指しています。
  平成21年度は、鶏ふんたい肥の高品質化、たい肥の水田利用、メタン発酵、エコフィードと4つのテーマに関する先進地事例の視察を行い、平成22年度はそのうち2つのテーマであるたい肥の水田利用、エコフィードについて調査検討を行いました。
  そして、平成23年度、平成24年度は鶏ふんたい肥の高品質化を推進するため、鶏ふんたい肥の成分分析等を行いました。

平成23年度、平成24年度 バイオマスタウン構想実現に向けての取組み

このページのトップへ

サイトマップ