平成22年度バイオマスタウン構想実現に向けての取組み

はじめに

昨年度(平成21年度)は、鶏糞の肥料化、堆肥の水田利用、メタン発酵、エコフィードに関する先進事例を調査し、報告しました。
今年度は、以上の4つのテーマのうち、堆肥の水田利用、エコフィードに関して、市内での導入の可能性を明らかにすべく、さらに先進事例と行政(県)への聞取り調査を実施しました。

目次「平成23年度バイオマスタウン構想実現に向けての取組み」

このページのトップへ

サイトマップ