2019年度 東海地域の6次産業化推進人材育成

 本事業は、教室講義、e-ラーニング、先進事例調査研修を組み合わせたカリキュラムとし、教室講義では、各自のビジネスプランを作成・発表していただくことにより、実践的なスキルが身につく内容となっています。また、各講義における成績評価のための課題レポートの提出とビジネスプラン作成及び発表会での報告を義務付け、起業化に向けた実戦態勢を想定した演習を行います。
 なお、本プログラムの修了生は内閣府の国家戦略プロフェッショナル検定である「食の6次産業化プロデューサー(愛称:食Pro.)」のキャリア段位レベル3(育成プログラムでは最高位)の申請をすることが可能です。育成プログラムにはレベル1、レベル2(事業主・法人スタッフコース)、レベル2(支援スタッフコース)、レベル3(事業主・法人スタッフコース)、レベル3(支援スタッフコース)があり、本学は全5コースの認証を受けています。

募集人員 15名 
「東海地域の6次産業化推進人材育成」第8期生
受講期間 2019年10月~2020年1月
受講場所 国立大学法人豊橋技術科学大学キャンパス他
受講資格 (1)高等学校卒業程度の学歴を有している者 (本学において,同等以上の学力があると認めた者を含む。)  
(2)心身ともに健康で、農林水産業の6次産業化に強い関心を持っている者  
(3)パソコンを使いこなすことができ、自宅でインターネットへの接続及びメールの送受信ができる者
授業時数 総時間数 98時間(※)  
※詳細は豊橋技術科学大学 先端農業・バイオリサーチセンター 東海地域の6次産業化推進人材育成の募集要項をご参照ください。
受講料

80,000円  
ただし、下記に掲げる者は、それぞれ各項目に定める額とします。  
A)豊橋市又は田原市在住・在勤者 30,000円  
B)協賛企業(※1)の推薦者 30,000円  
C)農林水産業従事者、新規就農予定者 等(※2) 50,000円

※1 協賛企業の推薦者(各企業の担当者)につきましては、先端農業・バイオリサーチセンターまでお気軽にお問合せ下さい。
※2 詳細は豊橋技術科学大学 先端農業・バイオリサーチセンター 東海地域の6次産業化推進人材育成の募集要項をご参照ください。

問い合せ先 〒441-8580 豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1
国立大学法人豊橋技術科学大学 先端農業・バイオリサーチセンター
東海地域の6次産業化推進人材育成担当者
電話番号:0532-44-6655
電子メールアドレス:manager@recab (アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください。)
詳細・申し込み先

豊橋技術科学大学 先端農業・バイオリサーチセンター 東海地域の6次産業化推進人材育成のホームページをご確認ください。

http://www.recab.tut.ac.jp/contents/6sangyo/entry.html