プロジェクトの意義
従来の施設野菜栽培では、管理方法を生産者の「勘」に頼ることが多く、植物の生産能力を十分に発揮出来ないことがありました。
本プロジェクトでは、週単位でPDCAサイクルをまわし、1年を通じて植物の生育を良好に保つことを目標に、実証実験を行っています。
施設栽培をより高度化することは、収量増加・品質向上を通じた生産者の経営安定化や、共存する農業資材関連企業の活性化が図られ、もって地域の活性化につながると期待されます。
 
プロジェクトの目標

① 国産大玉トマト50t採り

2作目に50.6t*、3作目に50.9t*を収穫し、目標を達成しました。
 * 10aあたり可販果収量


② 高品質多収採り技術のマニュアル化・普及

 高品質で多く採取する方法をマニュアル化します。
 
施設整備概要

補助事業名

経済産業省:イノベーション拠点立地支援事業「平成22年度先端技術実証・評価設備整備費等補助金」

豊橋市:植物工場普及促進事業費補助金

 テーマ 自然エネルギー活用型次世代高収量生産植物工場の為の新技術の実証設備整備

事業費

127,900千円 うち経済産業省補助金80,670千円 豊橋市補助金22,198千円

施設建設場所

愛知県豊橋市西幸町字浜池331-12(豊橋リサーチパーク4-2街区)

施設規模

栽培棟1,260㎡(機械・空調室256㎡) 管理棟45㎡

スケジュール

着工 2311月 竣工 246月 実証事業開始 247

 
施設紹介
施設
 
運営組織

(株)サイエンス・クリエイト

○事業統括 ○事務局

豊橋技術科学大学

○研究開発 ○共同研究

参画企業

イノチオホールディングス(株)

○実証事業統括 ○栽培管理

栽培ノウハウと生産者生産者の収支シミュレートによる、太陽光を最大活用した

周年栽培のための施設、システムのトータル設計

シンフォニア

テクノロジー(株)

○循環式養液栽培システム

○自然エネルギーの活用(太陽光、風力)「ナチュエネシステム」

○データマイニング、ソフト開発

ガステックサービス(株)

○施設園芸におけるCO2の有効活用

CO2供給装置と制御盤

日本オペレーター(株)

○マルチモーダルセンサの実証

○センサ技術の実証と改良及びデータマイニング

支援

豊橋市

豊橋商工会議所

愛知県農業総合試験場

中部経済産業局

資金提供・普及啓発

資金提供・普及啓発

研究連携・技術指導

情報提供

 
栽培概況


第1作

第2作

第3作

第4作

第5作


 定  植

平成24年7月24日

平成25年12月17日

平成26年12月24日

平成27年12月24日

平成28年12月26日


 収穫期間
 平成24年9月15日
平成25年7月10日
 平成26年2月20日
12月10日
 平成27年2月25日
12月16日
平成28年2月16日
12月16日 
平成29年3月中旬
12月18日(予定) 
  品種
りんか409(穂木) / スパイク(台木)
りんか409
桃太郎ピース
桃太郎ゴールド・ホープ・なつみ・ワンダー
  株数 2,964株
(3,458本へ分枝)
 3,534株
(4,123本へ分枝)
 3,534株
(4,123本へ分枝)
3,534株
(4,123本へ分枝) 
3,534株 
  栽培方法 ハイワイヤー長期多段採り
  養液栽培(ヤシガラ培地)
養液栽培
(ヤシガラ・ロックウール) 
養液栽培
(ヤシガラ培地) 

 収量(可販果) 41.5(t/10a)  50.6(t/10a)50.9(t/10a)  52.2(t/10a)   -
 
50tどり達成のためのPDCA管理
PDCA

 
このページの先頭へ