食農産業クラスター
 


食農産業クラスターとは
「食と農」で産業の価値創造
豊橋市の産業の現状
シンボルマークです。
私たちのシンボルマークです!
ホーム > コラム > 食農産業クラスターとは?
コラム::食農産業クラスターとは?

農工商連携の意義

 本市の産業は、農業・工業・商業ともに比較的高い水準を示していますが、活力ある地域社会を構築するには産業分野を横断し、得意とする分野における知識や技術力を相互連携させることによる新たな付加価値を創造することが重要です。


計画の趣旨

 クラスターとは、もともとぶどうの房を意味しますが、地域の食材・人材・技術等の資源を有効的に結びつけ、新たな製品・販路・地域ブランド等を創出することを目的とした集団の意味として使われています。

 豊橋市を中心とする豊川流域圏の農業は全国有数の産出額を誇りますが、わが国の農業が抱える共通的な課題である後継者不足・遊休農地の増大・輸入農産物の増加による農畜産物の価格の下落等、農業を取り巻く状況はこれまでになく厳しいものがあります。

 このような中、農業、農業関連企業、食品産業、支援・研究機関、行政機関、その他異業種が連携し、農畜産物の生産技術・畜産物を活用した商品・農畜産物のブランド化等、新たしい価値の創造により地域農業の振興を図ることが注目されています。クラスターは、異業種連携を生み出すための様々な業種で構成される新しい枠組みといけます。

  食農産業クラスター推進計画は、これまでに行われてきたこの地域の連携活動を活かし、農業、農業関連企業、食品産業、大学、支援・研究機関、行政機関等を中心にクラスターを形成し、連携から生み出される「食」と「農」をテーマとした農畜産物・技術等の新しい価値をこの地域から全国に発信し、農業のみならず工業・商業を含む地域産業全体の発展を目指しています。

 

 このページの先頭へ トップページに戻る


食農産業クラスター推進協議会事務局
(株式会社サイエンス・クリエイト内)
お問い合わせ電話番号:0532-44-1111
※要呼出:食農産業クラスター担当者
サイトポリシー
COPYRIGHT (C)2007-2012 ScienceCreate. all right reserved.
 
フッター